記事一覧

ダイエットお助け食品

ダイエット中、あれもダメ、これもダメとストレスがたまります。
美味しいものを食べたいという欲と上手く付き合い、ダイエットを成功させましょう。


●食べたい欲との上手な付き合い方
    美味しい食べ物の中には、毒になるものがあります。
   特に女性にとって、砂糖は摂取しつづけると、肌が糖化していきコラーゲンが劣化してしまいます。
   そのため、目元や額にシワが出やすくなり、下腹部に肉がつきやすくなるのです。
   様々な料理に使われる乳製品も摂取しつづけると、目の下にクマやタルミが出やすくなり、
   二の腕がプルプルになったり、背中などの上半身にお肉がつきやすくなります。
   美味しいからと食べ過ぎると、女性にとっては嬉しくない影響が出てきてしまうことを理解しておくと、
   食欲に負けて手が出るのを防げるのではないでしょうか。

どうしても食べたい、我慢しすぎるとストレス過多になり、体も心もよくありません。
そんな時、美容効果も高く、腹持ちもよいお助け食品があります。

①アーモンド
  脳に満腹サインを送る働きがあるオレイン酸を豊富に含んでおり、脂質の代謝を促してくれるビタミンBも豊富。
  貧血予防となる鉄分、食物繊維も豊富なため、ダイエットには最適といえるでしょう。
②くるみ
  くるみは血流効果をUPさせる効果があるため、冷え性には最適。
  自然な甘みが幸せホルモンを分泌させてくれるため、ストレス解消や不眠症にも効果を発揮してくれるでしょう。
③ピスタチオ
  むくみ解消や天然のサングラス効果、エネルギー交換をスムーズにして疲労回復を促してくれる効果があるピスタチオ。
④さつまいも
  炭水化物のため腹持ちが良いのですが、脂肪燃焼効果のあるビタミンBと糖質の吸収を抑制してくれるクロロゲン酸が
  たっぷりのため、お助け食品には最適といえるでしょう。  


食欲の秋と上手に付き合い、美味しく、楽しくきれいになりましょう。

コメント

ナッツ類って以前は太る食材とか思われがちだったのですけど、最近は色々良い面が見直されている見たいですね。
僕もアーモンドをたくさん買い込んで (-_-;) 食べています。

基礎代謝を上げるのがダイエットには一番最適な道だと思うのですけど、女性は筋肉が付いてしまいそうな筋トレとかは敬遠されがちですよね。
そんな時僕はインナーマッスルを鍛えるのをお勧めしています。
ヨガ、ピラティス、ダンス系などでインナーマッスルを増やして基礎代謝を上げましょう!
インナーマッスルなら鍛えても外目にはわからないのでお勧めですよ~

siopopさん

ナッツって昔は呑んで、二軒目は少しお洒落なお店でナッツとキスチョコ、次の日ニキビが出来てる
そんなイメージが強いんですよね。

インナーマッスルを鍛える・・・今、女性の間でもブームですよね。
しかしながら、ビリーをしても、固くはなるけれど、線が入らない、線が入るまでになるには、
家でビリー40分じゃ、中々難しいと思います。

お腹を見せても大丈夫!な身体になりたいです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tamao

Author:Tamao
整体・リンパマッサージ・耳ツボジュエリー・フェイシャルマッサージ等々の資格取得後、サロンを開業!
整体ってどうなの?耳つぼジュエリーって効果ある?よもぎ蒸しって何???などお気軽にご質問ください!

アクセス数

ブロとも申請フォーム